ブログトップ | ログイン
兵庫県公館
前兵庫県知事・貝原俊民氏が理事長を務める(財)兵庫県国際交流協会主催のホームコンサートが兵庫県公館で開催された。
今回のアーティストはソプラノ;アルテア・マリア・パポウリアさん。
暖かみのある自然な響きの歌声だった。フランスのデュパルク、お馴染みのモーツァルト、リヒャルト・シュトラウス、プッチーニ、レハール。とバラエティに富んだプログラムだった。フランスのデュパルクは私も好きな作曲家だが、彼はたった16年の創作活動の後、精神病にかかってしまい、残りの50年は暗黒の人生だった。自分の作品に嫌気がさし殆どの作品を処分してしまったという・・・。が、現存している作品はどれも素敵なモノばかり。影があって好き。
あ・・・。兵庫県公館といえば阪神淡路大震災の翌年、まだ神戸の街がに生々しい傷あとだらけの時期、メモリアルコンサートで日本の歌、唱歌、などを歌った思い出がある。

写真は、貝原俊民氏と・・・。「次は多田周子さんのホームコンサートを開催しましょうか」と話して下さったけど、本当かな???
b0099226_0544521.jpg

# by syuko2002 | 2006-11-11 01:00 | Comments(0)
箱シリーズ
b0099226_20454141.jpg

箱好きなんデス。あ、今日は箱じゃなく籠に入ってるニャン。
# by syuko2002 | 2006-11-09 20:45 | Comments(2)
読売新聞取材
読売新聞の別刷特集「親子」の取材を受けた。
歌手・多田周子が感じる「歌の世界と親子」についてのテーマ。
私がセレクトしている日本の歌には、故郷・両親などに関する内容が多く、故郷と両親の繋がりは切り離せない。「風景がそこにある歌・・・」が好きだ、と普段から感じているが、幼い頃、母と野山を歩くと必ず、その風景に合う歌・童謡を歌ってくれた。
紅葉の美しい頃の野山では「紅葉」「まっかな秋」「里の秋」
お月さまが美しい夜には「月の砂漠」「白 月」「宵待草」「朧月夜」
夕やけが輝く夕暮れには「赤とんぼ」「夕焼け空」「夕焼け小焼け」・・・etc.
歌い手だった母は数えきれない程の童謡・日本の歌を歌ってくれた。
私は、歌〜故郷の風景〜母〜ぬくもり・・・と繋がってゆく。日本の歌には生活に密着した思い出と懐かしさ、せつなさを一瞬にして運んで来てくれる。

そんなあれこれを取り留めもなく話していった。
「歌の世界と親子」の別刷は11月30日(木)の朝刊に折り込まれるそう。
どんな記事になるのか・・・楽しみ★
b0099226_1750195.jpg

# by syuko2002 | 2006-11-08 17:50 | Comments(0)
竹野南小学校公演
竹野南小学校・中竹野小学校・竹野小学校の3つの小学校が集まっての学校公演でコンサート。それぞれの小学校は地域が違い、浜っ子、山の子、街の子・・・反応も違っていて興味深かった(^^)
子供達は、食い入るように、聴き入ってくれて、なんて毒されていない真っすぐな眼差しだろう・・・とハミングバードも感激!
神戸まで帰る車中、のどかな山々を抜け、円山川沿いを走り、楽しい気分で帰ってきた。ハミングバードとピアノの貴ちゃんの4人が集まると、それはそれはおしゃべり炸裂!!ステージであんなに歌った後、どこにあんなエネルギーが!?!?と思う程。
かしましい4姉妹でした(;;)竹野の皆さん!またお邪魔しま〜す。ありがとう★
*写真はリハーサル風景。
b0099226_9481240.jpg

# by syuko2002 | 2006-11-02 09:50 | Comments(2)
西宗寺
出石の西宗寺での子供報恩講でのコンサート。
のどかな自然が溢れた美しい環境の中にある西宗寺は素晴らしいお寺でした。
お寺に縁のある私は、西宗寺の奥様から「仏讃歌」を歌って下さい・・・との提案をいただき、「生きる」という素敵な曲を教えていただいた。
生かされて、生きている・・・このままの我が命・・・このままの我が心・・・
仏の教えの中には日常生活に追われて忘れかけている大切な心のあり方が歌われていて
歌っていると穏やかな気持ちになる。
童謡・仏讃歌・オリジナル・・・を折り込んだ心温まる良いコンサートだったな・・・と。心に残る良いコンサートになりました。ありがとう★
b0099226_12403069.jpg

# by syuko2002 | 2006-11-01 12:41 | Comments(0)
与 勇輝さん
今、大丸・神戸店で開催の人形作家「与 勇輝・人形芸術の世界」に出掛けた。
人形という小さな体いっぱいに魂が輝いている!表情・動き・着物・・・どれもこれも繊細で緻密でその表情に引き込まれてしまう。

小さい時からモノを作るのが好きだった与 勇輝さんは、子供のようなかわいらしい性格の方。。。以前に河口湖にある与さんの常設展にもお邪魔している。湖のほとりの素敵な美術館だった。
お人形・特に与 勇輝さんの世界と童謡は切り離せないね、と童謡談義に花を咲かせて楽しいお茶をいただきました(^^)童謡についてもかなりお詳しい。
*ちなみにこの写真、何度も撮り直した1枚。与 勇輝さんが確認して「ま、いいや・・・あんまり良くないケド・・」の1枚(^^)
人形の写真をアップ出来ないのが残念!!!
ぜひ、与 勇輝さんのお人形見て欲しいな・・・http://www.musen.net/
b0099226_10104967.jpg

# by syuko2002 | 2006-10-26 10:15 | Comments(0)
日本の歌百選
今、文化庁で日本の歌百選を募集中♪
長い間歌い継がれて来た貴重な日本の歌の文化を残してゆこうという目的。
http://www.uta100sen.jp/
にアクセスして「赤とんぼ/作詞・三木露風/作曲・山田耕筰/歌手・多田周子」
と書いて応募してくださ〜い。あ!「歌手/多田周子」って部分がとても重要!!です(笑)親子の思い出や歌に対する想いがよく伝わるエピソードには素敵な賞品が送られて来るそうです。締め切り間近!どんどん応募して下さいね。
# by syuko2002 | 2006-10-24 10:04 | Comments(2)
裕子ちゃんコンサート
ハミングバードのメンバーの裕子さんのコンサートに出掛けた。
モーツァルト・シューベルト・シューマン・・・今回は正統派クラシック。
かなり本気で練習を積んで歌っていた。
暖かみのある声が生かされて、裕子さんの素直な人柄が滲み出ているとても良いコンサートだった。
ハミングバード3人ともそれぞれに頑張っているナ・・・と嬉しくなる(^^)
打ち上げで、おばあちゃんになって杖を突きながら歌う3人グループもいいね、って話していた。学生時代から全てを知り尽くしているメンバー。それぞれにソロ活動もしながらハミングバードでは声を合わせて歌う・・・80才まで!??!やっと20才過ぎの私たちだけれど・・・??『ハミングババー?』もいいねって(^^)
b0099226_2014254.jpg

# by syuko2002 | 2006-10-23 20:04 | Comments(2)
ボニージャックスコンサート
東京で行われたボニージャックスさんのコンサートにお邪魔してきた。
左から控えめな玉田さん・構成作家の西村さん、お茶目な鹿島さん、物静かな吉田さん。前列が多田周子とハイテナーの西脇さん。
結成48年のハーモニーは丸く、絶妙なバランスで引き込まれてしまう・・・
いつもお邪魔している楽屋だけれど、ふと、メンバーの誰かが歌うとその声に寄り添うようにハモってゆきハーモニーが出来あがり自然な練習風景。
とにかく美しい・・・早稲田のグリークラブからのメンバ−・・・それを考えると家族より長い時間を一緒にすごしているのかな・・・
48年間まだまだ現役で歌い続けるボニーさんたちに、ただ、ただ、尊敬!!
声も若々しくて魅力的。日本の歌にかかわらず、辞典のような溢れる知識にも驚き。
来年はご一緒に歌わせていただけるかな???ちょっぴり期待★

<豆知識>ちなみに、懐かしいCM「パルナスの歌」や「ハナテン中古車」もボニーさんの歌声です。ちいさい秋みつけた、でレコード大賞も受賞★

b0099226_21491015.jpg

# by syuko2002 | 2006-10-22 21:53 | Comments(1)
日本海
打ち合わせの帰り、ちょこっと時間作って、日本海、見て来ました(^^)
イカ釣り船が雰囲気あったな・・・昼間は漁がお休み。静かな湾でした。
b0099226_104713.jpg

# by syuko2002 | 2006-10-18 10:05 | Comments(3)